オペラ・パフォーマンス 自己紹介 買い物 雑記 書庫 メールはこちらまで T_  ALL_  Y_

OPERA PERFORMANCE(2002.3.)


やっと見つけた工場。
元々は、牛舎なので木造で古いでけどそれなりに雰囲気はあるような気が・・・。
しかし、ふ・ふ・古い

お化粧直しするしかないかぁ
壁に板を張る事にした。
OSB材にしようか?とか色々考えた末、コストに見合って見栄えも中々のシナベニア板にした。なんと壁一面で66枚だ。
まず、木造で古い為、建物自体に歪みがでているので、水平を出し、弟と一緒に板貼りに掛る。
板貼りを始めると同時に、色んな荷物も到着し、工場の中もごちゃごちゃとしてきた。
最初の一列を張り終わると、効率よく貼れるようになり、スピードアップ。でも、何日掛るやら・・・。
終わったぞ〜。随分、見栄えが良くなったと思うけどどうっすか?
右のインテグラは、ガレージオープンのきっかけともなった香港のお客さんのレースカーベース車両。
この後は、床
(左)床は、前にいた板金やさんの塗料が床に固まっていて、それを剥がすとこから始まった。その後、段差をモルタルで綺麗にならした。
(中)床の色塗りも完了。でも、もう少し濃い色の方が良かったかな。早速、塗りたてで剥げてしまった・・・。まあ、どうせまた色塗らないと駄目だけどね。
(右)なんとか、工場らしくなったかな。前は、セメントだったから埃がすごかったけど、色塗ったらかなり良くなった。
次は、作業台を製作。材料を注文した。
外観は、こんな感じ。
とりあえず、車を製作する為に必要な最低限の作業台を製作することにした。
といっても、工作機械用や作業の補助テーブルや考えると結構あって大変なんだあ。
車から外した部品は天井の梁の部分に棚を作り載せておく事にした。下ろすの大変そうだなあと思いつつも、床に置いておくのも見苦しいし・・・そん時はそん時で考えよ。
そして、いよいよマシン作りに欠かせない回転台(バーベキュー台)を製作。使わない時の事も考えて足はたためる様にした。車の補強は中側・外側・裏側・四方からやる為、効率よくまた飽きずに集中してやる為には、回転台は欠かせない。単に、作業効率だけの為に必要なわけじゃないのだ。
大家さんは、電気に詳しい。電気工事や配線を引き受けてくれてくれた。もちろん、昼間は仕事をしているので仕事が終わってからや休みの日に作業をしてくれた。協力的な大家さんに感謝!!
まだまだ、整理したり工場内をスッキリかっこよくするつもりだけど、インテR製作しなきゃいけないので、それが終わってからかな。
今は、水銀灯も取り付けて結構工場っぽく完成したよ。
毎日毎日、インテR補強中。